兼業Pのカタコト語録

デレマスの、エンタメのことや想いやもやもやを文字にする場所。

試験に落ちてヤケになってインフルになった、お話

どうも、青葉飛鳥です。

今回は”今週のお題「受験」”ということで。

少しばかり自分の昔話をしてみようかな、と。

 

 学生だったころの苦い、というかアホな思い出ですが。

最後まで楽しんでいただければ幸いです。

 

 

 

ことの発端

 時は、遡ること私が15歳の時。受験シーズン真っ只中のことでした。

 

 と、本題に入る前に。その時の受験の方法について書いておかなければ。

 

 当時の受験は次の2つに別れていました。

教員による面接と、委員会や部活動などを考慮する前期

筆記試験と内申点の合計で合格者を決める後期

 

 合格者の比率は前期と後期でおおよそ2:8とか3:7とか、

そんな感じだったと記憶しています。

 

何にせよ、前期で受かる確率はかなり低いということです

私の通っていた塾の先生ですら、

「あれは運の良し悪しも絡んでくるから、落ちても凹むな。」

なんて言っていたレベルです。

 

 私も飽きるほど聞かされていたので、「まぁ、落ちてるやろ。」とタカをくくっていました。

 

もちろん、落ちていましたとも。

 

 ただ、子供心というか。

そうだとわかっていても、ワンチャンあるかもと思っていましたし。

それに、実際に面接で苦労したのもあって。

 

やっぱり、心の何処かで煮え切らないというか、悔しく思う自分が居ました。

 

 

悔しさのエネルギーは斜め上の方向へ

 さて、当時15歳の私は、

”受からないとはわかりつつもどこかワンチャンあると思っていたから悔しい”

という絶妙な少年心を消化しきれなかったわけで。

 

そんなこんなで、「どうにかしてそのフラストレーションを解消したい!。」

そう思った私は、自分の不合格発表の帰り道にカラオケへと寄りました。

 

 その日のカラオケは、普段の何倍も激しく歌いました。

自分が落ちたイライラを、恨みつらみを発散したい。

そんなエネルギーを、歌に乗せました。*1

 

そして、歌っていると身体が熱くなってきたせいか、頭がぼうっとしてきたわけです。

 

「歌いすぎたかな・・・疲れたなぁ・・・」なんて思いつつ。

ダルいからだを引きずって、寒空の下帰宅したのです。

 

 そしてその日の夜。

身体のだるさや頭の不調が、カラオケによるものだけではないことを知ることになるのです。

 

イ ン フ ル 

 寝ることを許されない頭痛と身体の節々の痛み。

間違いなく、それはインフルだったのです

 

 連日の受験勉強で緊張していた身体が、前期試験に落ちたという事実により一気に油断したのでしょう。そして、喉を酷使した結果、発症と相成ったのです。

 

 今になって冷静になってみれば、数え役満みたいなところはあるんですが。

当時の私は泣きっ面に蜂状態というか、「なんでこうなるんだ・・・はは・・・」みたいな感じだった記憶があります。*2

 

 

後日談

 受験の結果発表の日からそのまま学校を休む形になったので、友人たちからは大いに心配されました。*3

 

が、普通に病気で休んでいたことを告げると、あだ名が数日間インフルになりました。なんもうれしくねえ。

 

 ちなみに、後期試験では無事合格することができました。

一度インフルにかかったので、もう当分はかからないだろうという安心感もあり勉強に集中できたような覚えもあります。

 

 

 よくよく考えると、力を入れるべき後期試験の前にインフルになったのはよかったなぁと。そう思ったりするわけで。

 

とはいえ、発症のトリガーを引いたというか。最後のひと押しをしたのは完全に自分なわけで。

カラオケに行ってなかったら、もう少し苦しまずにいられたのかもしれません。

 

まぁあれです。私から言いたいことは一つ。

 

 

インフルが流行ってる時は家でぬくぬくしてゆっくり過ごそうね!

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

気に入っていただけましたら、読者登録やブックマーク等していただけると幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

以下ぺたぺたぞーん。

 

 

(日本製 PM2.5対応)超快適マスク プリ-ツタイプ ふつう 30枚入(unicharm)

(日本製 PM2.5対応)超快適マスク プリ-ツタイプ ふつう 30枚入(unicharm)

 

 この季節の必需品ですよね。

 

 

童話迷宮

童話迷宮

  • provided courtesy of iTunes
アンインストール

アンインストール

  • provided courtesy of iTunes
サクラキミニエム

サクラキミニエム

  • provided courtesy of iTunes
STRAIGHT JET

STRAIGHT JET

  • provided courtesy of iTunes

 恐らく当時カラオケで歌っていたであろう楽曲たちの一部。

年がバレるのもそうだけど、あの当時は今以上にアニソンしか聞いていなかったんだなぁと。

 

 

 

*1:でもそんなエネルギーを乗せられてたのは純愛系な曲だったりしたのでこれもうわかんねえな。

*2:あんまりに不運が続くと、他人事にみたいに思える感覚ありません?ああいう感じ

*3:前期に落ちたのが相当応えたんじゃないかとか、しんどくて落ち込んでたんじゃないかとか。ふてくされてたんじゃないかとか。