兼業Pのカタコト語録

デレマスの、エンタメのことや想いやもやもやを文字にする場所。

『職業』、のお話

 どうも、青葉飛鳥です。

 前回の投稿から割と日があいたことをお許しくださいませ。

 

 今回は、『職業』のお話。もっというと、仕事のお話。

愚痴だったり、叫びだったり。そんなネガティブ要素の強い話ではありますが、

最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

 

 

ことの発端

 ようやく会社や働くことにも慣れ始めてきたこの9月に。

異動で私の正式部署が決まった。

 

 そんな部署で私に起こったことといえば。

・性格が悪く、不機嫌が言動に出る上司からの厳しい指導。

・上司が怒ってる→質問できない→ミスする→上司が怒る→ミs(ry の負の連鎖。

・「俺って実はADHDとかそこらへんの症状があるんじゃ?」とまじめに考えるくらい上がらない効率。

覚えられない仕事。*1

・家でも職場でも落ち着けず、毎日が色あせていく。

 

 と、こんな感じ。

楽しかったこともちょくちょくあるが、ここ2週間はこんな感じである。

 

 上司とそりが合わないとかの問題もあるのかもしれないが、

結局はうまく仕事を覚えられない自分が悪いのである。

段取りの悪い自分の責任である。

 

 そしてこう思うのだ。

「俺、この仕事向いてないのでは。」*2

 

 

職業適性診断

 話は変わって。

就職活動を始める前、そして今もだが。何度か職業適性診断を受けたことがある。

簡単なのはネットで数分でできるものだが、自己分析とセットでマークシートを使ったようなものもある。

 

 そして、その診断の多くで。向いている仕事に以下のようなものが出てくる。

 

・作家 ・編集者 ・フリーライター ・研究者

 

 さらに、向いていない仕事の特徴として以下のようなことまで書いてある。

 

・対人関係が中心になる仕事、気配りが大切な仕事。営業職、接客業も向いていない。

体力勝負のような仕事も向いていない。

 

 あの…今の職場、接客業で体力勝負なところあるんですがそれは…

 

 これらの診断を鵜呑みにするなら、今の仕事はまったく向いていないことになる。

 

 

 なんで今の仕事に

 そもそも、今の仕事は接客業で物を売る仕事である。

 正直、就活を始める前から人付き合いが苦手なんてことはわかっていた。

ではなぜか。

・内定がもらえなかった。

・数字を扱う職業に興味があった。

・とりあえず働かなくちゃいけない状況だった。

という三つがある。

 

 とはいえ、今思えばもう少し時間を使って自己分析やら企業探しやらをしっかりとやっておけばよかったと思うことまである。

「デスクワークは嫌!」とか言いながら入社したのに、

「やっぱり私、一日中パソコンの前にいるほうがいいわ」

とかいう私みたいな大人になってはいけない。

 

適性診断通りの仕事

 では、上に書いたような適性診断に書いてあった仕事ならうまくやっていけるのか。

私にもわからん。

 

 個人的に思ったのは、ぱっと見で食える職業が少ないなということ。

作家とか、研究者とか。文系大学の新卒がどうやって飯を食って行けと。

 

 可能性があるとすれば、技術職に分類される

・SE ・PG

辺りだろうか。

 

 数年前、『なれる!SE』を読んで「これは嫌だなぁ。」と言っていた業界が、

今になって自己主張をしてくるのはなんという皮肉だろうか。

 

 けれど、将来的に独立できる可能性があることや。

企業によってはリモートワークがしやすいなどのことも考えると、

そこまで悪くな・・・悪いか。

 

 実際、その手の業界の第二新卒の求人数ってどうなんだろうか。

 

 とまぁ、こんなことを先日行われたSS3Aの後に考えていたのである。

『楽園』を聞いて頭に出てきたのが、

「(今の仕事を将来的に辞められるように)頑張ろう。」

というものだった辺り、当時の私は相当病んでいたんだろう。今もしんどいけれど。

 

 というわけで、仕事が本格的に始まって。

メンタルに大きな打撃を受けた私が、

いろいろと考えていたことをまとめてみたのだがいかがだっただろうか。

 

 「新人あるあるじゃねえか。甘えてんじゃねえ。」という意見はあるだろうが、

当人はそれで相当悩んでいるので生暖かい目で見ていてほしい。

 

 ぶっちゃけ、上でチラッと書いたが別に仕事の悩みが100%というわけではない。

ただ、比率で言うと仕事のほうで悩むことが多いのだ。

 

 そんなこんなで、今回は『職業』をテーマに少し長めに書いてみた。

こうして、考えをまとめたり世に送り出したりすることで、ストレスを発散させるという狙いもある。うまく効いてくれるといいんだが。

 

 さて、明日もまたつらい仕事が待ってる。

 

 

 


【楽曲試聴】「楽園」(歌:関裕美)

 

 これを聞いた結果の上の文章である。どうニコイチしたらこうなるのか。

 

 

なれる!SE 2週間でわかる?SE入門 (電撃文庫)

なれる!SE 2週間でわかる?SE入門 (電撃文庫)

 

  なんと、SEをテーマにしたライトノベルである。

現職や元SEやPGの方が読むと、それはもう胃が痛くなるらしい。

 

 

 

 

*1:これに関しては、そう思ったほうが楽だからというのもある。

*2:冷静に考えて、とんだ甘えである