兼業Pのカタコト語録

デレマスの、エンタメのことや想いやもやもやを文字にする場所。

SSを書きたい!、のお話

 どうも、青葉飛鳥です。

 先日の会社での騒動から数日。

なんとかメンタルが比較的正常に近い値に戻ってきたので、久々に文章(について)でも書いてみることにしました。

「プロデューサーさん!リハビリですよ!リハビリ!」

 

 今回のテーマはSSについて。

よろしければ最後までおつきあいくださいませ。

 

 

 

 

 

SSって何?

 この場合のSSが指すのは、バイクではなく文章のこと。

主に、

・ショートストーリー

ショートショート

・えすえす

 

なんて呼ばれたりしている。

 

 我らがピクシブ百科事典によればこれらの用法は微妙に異なるらしい。

とはいえ、そんなのをいちいち分けるのはめんどくさいので。

 

この場合は、

「短編で完結。ないしはセリフがメインのストーリー。またはそれの混ざりもの。」

と思ってもらえればいい。

 

 

なんでSSを書きたいって話に?

 友人とアイドルマスターについて話しているときの、彼のとある言葉。

曰く、「表現することが、Pとしての存在証明である。」

その思いを秘めたままでいることは、ただのファンとそう変わりないとも言っていた。

 

 最初の言葉は、彼がもう長いこと創作活動を続けているからこそ出たものだとして。

後者の、「ただのファンとそう変わりない」という発言には確かにと思わされた。

 

 人それぞれ考え方はあるだろうが。

「あの子がこうしているのがかわいい」

 と、

「あの子をこうさせたほうがかわいくなる!」

とでは、後者のほうがよりPっぽい感じがする。

 

  そして彼は、それを表現することだと言った。

 

 アイドルが輝いている、生きている。

そんな姿を、私も表現してみたいと思った。

絵は無理。だけど、文章なら。

 

 

妄想を形に

 なにもギガロマニアックスの話をしているわけではない。

 

 表現をする、創作活動をする、SSを書くということ。

これははすべて、自分の心に秘めている思いを実体化させるもののような気がする。

 

 そして、その妄想の産物を多くの人に、Pに見てもらうこと。

新しく、自分の担当アイドルの魅力を知ってもらうこと。存在を知ってもらうこと。

 

 Pとしての存在証明の先には、そういったものもあるのかもしれない。

 

 

 というわけで、今日は文章についての文章。SSの話でした。

 

 アルコールが入った状態で、数十分前に聞いた人の話をもとに勢いで書き上げたからいつも以上に乱雑なところがあるかもしれない。

 

でも、ブログにしろ創作活動にしろ。このぐらいの勢いでいいのかもね。

人間、あんまりに冷静なおつむじゃ満足に考えられない気がする。

 

 ハイになっている苦しいときこそ、意外と頭は高速回転していたりするわけで。

 

 さて、ちょっとばかし頑張ってみましょうかね。

 

 

 


UNCHAIN / Spin My Head

頭が高速回転でこれを思い出した。

Spin My Head

Spin My Head

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 


【楽曲試聴】「祈りの花」(歌:依田芳乃)


【楽曲試聴】「秋風に手を振って」(歌:相葉夕美、多田李衣菜、中野有香)

ここ最近のヘビーローテーション