兼業Pのカタコト語録

デレマスの、エンタメのことや想いやもやもやを文字にする場所。

当ブログへようこそ、のお話

 どうも、青葉飛鳥です。

 

 このブログは、現在自分のやりたいこと、やれることを絶賛探し中の青葉飛鳥が。

twitter.com

趣味のことや、日々の思うことを徒然なるままに書き綴るブログとなっております。

 

 必要とされる情報、というよりは。

同じような趣味を持った人間に、

共感してもらえるようなネタを主に書いていくとは思いますが。

 

 よろしければ、ツイッターで拡散、感想なりをおっしゃっていただければ幸いです。

 

 また、こういった文章作成が主にはなると思いますが。

何か私にできそうなお仕事などありましたら、

お気軽にお声がけいただけましたら幸いです。

マイお題を使って、「ここ最近見た映画」のお話

 どうも、本当にお久しぶりです。青葉飛鳥です。

今回はあまりに久々すぎるので。

はてなブログを更新しない間に何をしていたかということも含め、

こちらのマイお題でもって一つ書いてみようかと思います。

お題「映画エトセトラ - 映画に関することなら何でも」

 

 というわけで今回は映画に関するお話。

具体的には、最近見に行った or 見た映画 のお話になります。

 

よろしければ、最後までお付き合いくださいませ。

 

続きを読む

神崎蘭子のソロ曲!『夢幻ノ救憐唱』がすご…って読めんわ!、のお話

       堕ちるの調は

           鳴り止まない孤独の救憐歌

 

 

 

 どうも、青葉飛鳥です。

今回は、

『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 26

美に入り彩を穿つ』

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 26 美に入り彩を穿つ

に収録されている楽曲についての記事。

 

そしてその楽曲名が、こちら!

『夢幻ノ救憐唱 ~堕チル星ノ調ベ~』

 

読めるかぁっ!

 

 というわけで、このタイトルの読み方も含め。

個人的に気に入った点なんかもいろいろと書いていけたらなと思いますので。

 

よろしければ、最後までお付き合いくださいませ。

 

 

続きを読む

お題「レトロな建物」について、のお話

 どうも、青葉飛鳥です。

今回はマイお題からこちら!

お題「レトロな建物」

 

 レトロっていってもいろいろとあるけど、

果たしてどの辺りのことを話せばいいんだろうか。

まぁいいか、とりあえず手の動くままに書いてみよう。

 

 よろしければ、最後までお付き合いくださいませ。

 

続きを読む

BLマンガ百合マンガについて思うこと、のお話

 どうも、青葉飛鳥です。お久しぶりでございます。

最近は社会復帰のために資格勉強したりスロット打ったり、

バイトで使える知識を学びだしたり、将棋とか麻雀に手を出そうとしたり、

スロットしたりといろいろと楽しい日々を過ごさせてもらっている私です。

 

 今回は、BLマンガと百合マンガについてのお話というか、イメージというか。

自分の中でふと思ったことを書き綴るだけになっております。

 なのでカテゴリーはエッセイになるはず。

 

 その実、中身は他愛のない話。チラ裏にでも書いとけみたいなそんなお話。

よろしければ、あなたのお暇のお供になれば。

 

続きを読む

作詞作曲が担当プロデューサー!?『ヒトトキトキメキ』、のお話

 どうも、青葉飛鳥です。お久しぶりでございます。

 

 さて、今回の記事はシンデレラガールズの楽曲紹介。

いつものあれです。好きな曲を好きなように紹介するアレです。

それなりに好評なようなので、

そのうち古い曲も引っ張りだしたりしてみたりもしたいですね。

 

 よろしければ最後までおつきあいくださいませ。

 

 

続きを読む

何かを極めたこと、1位を獲ったこと、ありますか。のお話

 どうも、青葉飛鳥です。

 ラノベ好きが加速して、Kindleの中身がそればかりになっている今日この頃です。

 

 そんな私、最近は『弱キャラ友崎くん』という作品に出会いまして。

気が付いたら既刊7冊目まで読み切るくらいのハマりっぷりでした。

弱キャラ友崎くん Lv.1 (ガガガ文庫)

弱キャラ友崎くん Lv.1 (ガガガ文庫)

 

 

作品の内容はまたそのうち詳しくレビューを書くとして。

またなんというか、自分の心にいろいろとグサグサと刺さるものがあるんですよ。

 

 その中でも特に気になったこと。それが、”1位になる”ということ。

主人公、そしてヒロインの一人が。

一つないしは様々な場面でで”1位”を獲得している人間です。

しかもその1位は才能ではなく、努力という二文字の延長線上に存在している。

 ひとつはゲームだったり、ひとつは勉学だったり。

そういったものでの1位。トップ。一番上の存在。

 

 彼らは、(どういった経緯、想いがあったかはともかくとして)

努力の末にそれを勝ち取っています。

 

 そこで思った。私は、何かで1位になったことがあっただろうか。

もしくは、なろうとしたことがあっただろうか。

 

 今回は、そんな自分を省みるお話。

 

 

続きを読む